【WORKSHOP開催】~コミュニティーの場所を皆でつくろう!~

~感謝とお礼~

今回の「空き家のセルフリノベWS」ですが、11月、12月・1月・2月・3月のすべての回で満席になりましたため、まだ11月の中旬ではありますが、いったん募集を締切とさせていただくことになりました。本企画を共同主催しているKUMIKIPROJECTの「くわばらゆうきさん」さんとも相談し、このあとも、キャンセル待ちでのお申し込みも可能といたしました。今回参加いただけなかった場合でも今後、同様のWSがあるときには優先してご案内をさせていただくようにしたいと思っています。

町内外の方々に来ていただけること、そして、町外からは多い方で7回も二宮まで繰り返し足を運んでいただけることに、あらためて感謝いたします。これから少しでも楽しく・充実したWSにできるようプロジェクトメンバーで準備を重ねて参ります。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。 

 

 

一軒の平屋が空家となりました。

 

4

 

通常は、清掃をして、次の入居者を募集します。

 

吾妻山を背後に背負った陽当りの良いその平屋を見て、ただの賃貸物件では無くて、何かコミュニティーの場所に出来ないだろうか?皆でDIYをしながら何か楽しい場所に改装できないだろうか?とふと思いました。

 

そして以前に漆喰乗塗りワークショップで共同開催したKUMIKIPROJECTの「くわばらゆうきさん」に相談を持ちかけて、今回のプロジェクトが立ち上がりました。

 

ワークショップのスケジュールは以下になります。

 

 

参加費無料(0円)

開催地までの交通費実費

 

日時 11/26 10:00-16:00 壊せ!壁の解体体験
12/17 10:00-16:00 真冬のユカハリ大作戦
1/14-15 10:00-17:00 真っさらに漆喰で壁ヌリ
2/4-5 10:00-17:00 そうだ!ウッドデッキをつくろう。
3/20 お披露目パーティー(予定)

*途中入退場自由。
*早めの終了することもあります。

場所 神奈川県中郡二宮町山西885-5
・JR東海道線「二宮駅」南口徒歩10-15分
集合 直接現地集合
*駐車場はまだ使えませんのでご注意ください。
*お車で起こしの場合は、駅前(南口)のコインパーキング
 をご利用ください。
定員 各回10名程度
持物 ・汚れても良い服装
・タオル
・換えの靴下
*漆喰は落ちにくいのでご注意を!

 

ワークショップの参加希望者は、以下KUMIKIPUROJECTのイベントページ下部から申込フォームがございますので、そちらからお申込下さい↓

http://kumiki.in/dit-2/

 

 

以下、KUMIKI PROJECTの代表くわばらゆうきさんによるコメントです。

 

今回の二宮町の空き家改修WSは、「ともにつくる」ということを通じて、町外からもどれだけ足を運んでいただけるか?の挑戦でもあります。

 

わざわざ交通費をかけて、しかも、自ら手を動かしに、二宮まで参加してくださると、近くの逗子や横浜から、東京までお申し込みいただいています。

 

「迷惑じゃなければ全5回すべての参加したい」と申込フォームに書いてくれた人もいます。嬉しい。

 

一部、誤解をされている方がいたので、お伝えすると、今回のプロジェクトには、税金は一円も使っていません。民間の投資です。このくらいの費用をかけて、こんな手法で、こんな空間ができ、どう維持運営するのかも含めて、地元の不動産会社さんとともに挑戦してみるんです。

 

とくに人口減の郊外の不動産会社さんの仕事の範囲は、目の前の人に建物を紹介するだけでなく、「まちを愛してくれる人を増やす」ということに変わってきてるように思うから。

 

尊敬する兄貴分 青木純さんの大好きなコトバをお借りすると、「大家はまちの採用担当」。

 

ただ、郊外地域でせかせか貸す必要のない大家さんが多いならば、こう僕は思うのです。

愛ある大家が増えるまで、

 

「不動産会社こそ、まちの採用担当代行だ」と。

 

本来、シティープロモーションなどの事業も、まちのことを知らず、表面的なヒアリングで企画する外の企画会社ではなく、地域を愛する不動産会社さんが担ってもよいはずだと思う。

だって、それで実際何人がまちにきてくれたのかも、不動産店頭で測れるし。

 

来ていただいた方に、二宮町を知ってもらえるように、地域でさまざな商いに取り組む素敵なお店と人たちを知ってもらえるように、これから知恵と工夫をちりばめて、めっちゃ楽しいワークショップにしますので、ぜひご参加ください!

 

もちろん町内の方も、外からの人と交流してほしいからぜひ!人がまちを選ぶ理由は、そこにいる人の魅力が一番だと思うから。