【空き家まるごとリノベ。】~第2回「真冬のユカハリ大作戦 」~

太平洋不動産 ✕ KUMIKI PROJECT 共同主催

 

空き家まるごとリノベ。みんなでつくる小さなお店

 

 

12月17日(土)晴天の中、ワークショップ第2回「真冬のユカハリ大作戦」が開催されました。

 

15542016_1136899896428198_8107283219312718257_n

 

前回の第1回「壊せ!壁の解体体験」の様子

 

前回は2Kの間取りから1LDKに変える為に、不要な箇所の壁を解体しました。

今回、床に杉板を貼付ける前に、事前に下地作りを大工さんの若松さんとKUMIKI POROJECTの桑原さんにして頂きました。

 

 

畳だった箇所。

根太の角材は杉を使いました。角材は伸縮性の少ない赤松が良いと言われることもありますが、乾燥させた杉でも十分耐用性があります。

 

%e4%b8%8b%e5%9c%b02

 

 

下地合板は針葉樹合板を使用しました。

下地合板は、強度を保つのに3cm以上必要との事です。

 

 

%e4%b8%8b%e5%9c%b03

 

 

 

キッチンの床の上にも杉板を貼るために下地をつくります。

%e4%b8%8b%e5%9c%b0k

 

 

下地が完成しました。

%e4%b8%8b%e5%9c%b0%e5%ae%8c%e6%88%90

 

 

さあ、ここから皆で杉板貼りのスタートです。

 

杉板貼りのポイントを説明する桑原さん。

 

 

k

 

 

k2

 

 

まずは専用のボンドを着けて貼っていきます。

 

b

 

 

b2

 

 

貼り付けた後は釘打ちです。

b3

 

 

皆で協力して作業を進めます。

b4

 

 

b5

 

 

b6

 

b7

 

b8

 

 

ここでお昼休憩。

 

スプーン作家・宮園なつみさんが持ってきてくれた木のスプーンで山田食堂の豚汁とおにぎりを皆で食べました(^^♪

 

c

 

c1

 

c2

 

お腹も満たされ、後半戦スタート!・・・なのに、晴天が気持ち良くて私は一人日向ぼっこ^^

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

 

皆は頑張っています!

着々と床板が貼られていきます。

c4

 

 

c5

 

 

c6

板の間にカードが挟まっているのには理由があります。

湿度によって杉板は伸縮があります。湿度の高い夏は膨張し、乾燥する冬は縮むのです。

なので、今の季節は夏場の膨張を考えて、0.4mm程(約名刺2枚分)のゆとりをもたせて板を貼っているのです。

 

 

そして、ついに完成しました!

c7

 

c8

 

 

皆さんお疲れ様でした!

c9

 

 

次回は01/14-15 10:00-17:00 「真っさらに漆喰で壁ヌリ」です!

 

Let’s DIT(Doing it together!)

 

ワークショップ詳細