【貸家・築浅平屋】~木漏れ日に包まれて~

【小田原市中村原・二宮駅バス6分・2012年築・2DK・50㎡・家賃7.4万円・管理費1,500円】

 

とっても静かで、緑豊かな場所に、築浅の綺麗な平屋があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓からの景色は、優しい木々

この家の一番の魅力は、お部屋からのこの景色と言えます。

木が密集している訳ではなく、程よい間隔で生えているので、優しい木漏れ日が入ってきます。空の色も四季の変化も実感できるのです。敷地が南ひな壇になっているので、見晴らし、風通しが良いのです。ここからの風景、何だか軽井沢の別荘の様にも感じませんか?

 

ちょっとした庭スペースもあるので、ガーデニングも楽しむ事が出来るでしょう。

 

 

 

 

 

綺麗で丈夫な軽量鉄骨造

平屋というと、築年数が経過した古家が多いものですが、こちらは2012年建築の軽量鉄骨造。室内もまだまだピカピカです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災がきっかけで生まれた商品

集合住宅の方が、利益率が高そうですが、どうして賃貸経営で「平屋」の商品を選んだのだろう思いませんか?また、平屋の商品も珍しいですよね。

 

この建物が建築されたのは2012年なのですが、前年の2011年は、東日本大震災がありました。この建物の施工会社のパナホームは、復興支援商品として、『安全・安心』で『家族の絆』を育める住まいの提供で一日も早い復興を願い、この「平屋スタイル」を生み出したのです。

 

被災された地域外でも、戸建感覚が根強い人気としてあり、長期に渡る安定経営が期待できることや、近隣環境にも配慮した事業などという事もあり、多くの大家さんの支持を得たのです。この中村原の平屋も、自然豊かな立地に順応していてぴったりのプランだと言えますね。

 

 

 

 

その他、室内写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静かにゆったりと暮らしたい人にオススメの物件です。

 

→物件詳細ページ←

 

 

 

記事著者:店長 宮戸 淳