【リノベ賃貸マンション】~大磯・稜文舘(りょうぶんかん)~

リノベマンションのパイオニア「ブルースタジオ」が手がけた

中古マンションをリノベーションして住む。という暮らし方を世に知らしめたパイオニア。

 

ブルースタジオ

 

自由で大胆な発想のデザインと暮らしやすさを見事に両立させ、住み手の「物語」を共につくる、というスタンスの家づくりは、絶えず注目を集めています。

 

そのブルースタジオが手がけて再生させた大磯の賃貸マンション「稜文舘(りょうぶんかん)」が2017年2月にリニューアルしました。リニューアル後、満室でしたが2階のお部屋がご紹介出来る様になりました。

 

 

 

「書斎を介して街と繋がる暮らし」がコンセプト

本建物前面に作られた「コモンライブラリ」は当賃貸住宅の入居者だけでなく周辺地域に定住する住人も利用出来ます。一般的に賃貸住宅の住人は地域コミュニティに参加し難いですが、この共用部分を通じて、魅力的な大磯コミュニティとの接点が生まれます。

 

 

 

コモンライブラリスペース

 

 

 

 

まちライブラリーは、礒井純充様(一般社団法人まちライブラリー代表理事)が提唱するコミュニティ型ライブラリーです。メッセージカードを付けた本をカフェやショップ、病院や個人宅などまちの中の本棚に置き、本を介した人々の出会いと交流を目指すシステムです。現在、大阪を中心に全国に約420カ所、オーナーの個性溢れる本棚があり、本の貸出や読書会など様々な催しが行われています。

 

 

 

 

近隣住民の寄贈本が集まる書棚の他、ミニキッチンやTVを有する共用部分。大磯に暮らした要人たちが建てた洋館付住宅の「洋館部分」をイメージし、居住者だけでなく地域住民も利用できるパブリックスペースとして機能します。

 

 

 

 

 

現在募集中のお部屋(A1タイプ2階)

【大磯町東町・大磯駅徒歩13分・1988年建築・4LDK・75.21㎡・家賃145,000円・管理費6,000円・P7,560円・敷0礼0】

間取り

 

 

 

 

和テイストのA1タイプ

 

 

 

 

角部屋ならではの窓の多さと明るさ。レトロモダンな雰囲気に重厚感を感じさせる。

 

 

 

 

 

波の音が聞こえる海までの距離。

 

 

参考に、B1タイプの動画をどうぞ

 

物件詳細ページ

 

 

 

 

記事作成:店長 宮戸 淳