【賃貸・平屋】~大磯町大磯・昭和3年建築の家屋を移築した古民家~

※ご成約となりました。

 

【大磯町大磯・大磯駅徒歩15分・1928年4月建築・63.9㎡・1SK・家賃※万円・敷1礼1・P1台付】

 

 

 

 

大磯の邸宅地に佇む品のある古民家のご紹介。

 

 

 

外観

 

 

 

 

 

 

 

間取り

 

 

 

 

 

 

 

大磯の趣を感じる邸宅地

旧東海道の松並木がある化粧坂を住宅地に入った邸宅地に佇む。高麗山の緑を背にして大磯らしい雰囲気を感じられる場所。

 

 

 

 

 

 

敷地は道路から1段上がっていて、植栽がバランスよく配置されている為、プライバシーが守られている。

 

 

 

 

 

 

丁寧に管理されていることが分かる門構え。

 

 

 

 

 

2001年に移築された

室内に入ると、あまりに上質な造りに凛としました。この建物は元々ここに建っていたものではなく、昭和3年に避暑用に隣地に建てられました。その家屋を2001年にこの場所に移築して、2003年に水回りを増築して今日まで丁寧に使われてきました。

 

 

 

 

 

 

移築する価値があるだけの純日本家屋なのです。室内の細部に渡って日本家屋の技術を見る事ができます。

 

 

 

 

 

押入れの引戸が木質格子になっています。

 

 

 

 

 

 

居室は一部屋だけになりますが、ゆとりある10帖なので難なく生活できますし、天井が高く3面採光なので解放感があります。

 

 

 

 

 

 

 

居室から坪庭を望む。

 

 

 

 

 

 

 

 

坪庭は塀で囲われているので外部からは見えません。整備された贅沢なスペースです。

 

 

 

 

 

 

 

最小限の物の配置で、日本庭園を演出されている所が抜群のセンスを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった造りは老舗旅館や料亭でないと見かけないので、非日常なのです。

 

 

 

 

 

 

1.5帖の納戸

 

 

 

 

納戸の引戸も木質格子です。

 

 

 

 

 

 

 

増築スペース

2003年に増築された水回り。無垢材仕様になっています。

 

 

 

 

 

 

 

オール電化のIHクッキングヒーター。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水回りが新しいと、女性でも関心を持たれる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

格子ガラスで明るい玄関。

 

 

 

 

 

 

 

見惚れる日本建築

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ丁寧に管理されている古民家は希少です。歴史ある大磯の地で、非日常の古民家生活を楽しんでみませんか?